商品案内showcase

トップページ > 商品案内 > ちきりやは茶の目利きを目指します。

ちきりやは茶の目利きを目指します。

茶園の生育状況を見守る
静岡県の掛川市と菊川市にかけての地域は日本一の茶産地といわれ、多くの茶農家を抱えています。ちきりやはこの中から厳選した優良生産農家と契約を結んで、伝統の静岡茶の名に恥じない美味しいお茶作りに取り組んでいます。

よい「茶」の条件

生産農家は茶畑から収穫した茶葉に蒸し・揉み・乾燥を行い、荒茶に仕上げ、その荒茶はより価値を高めるために再び加工され、煎茶となります。しかし「茶」は農産物のためさまざまな気象条件に左右されます。そこで、いつも均質の味をお客様に提供するために官能検査や合組が必要となってくるのです。

科学的データの裏付け

ちきりやでは品質管理室を設置して、茶成分分析、測色色差テスト、化学検査による品質管理を行い、各製品ごとの独自の品質基準を確立しています。 茶成分分析機では、水分、全窒素、テアニン(アミノ酸)、タンニン、カフェイン、ビタミンCなど8項目にわたる成分を計測して劣化や品質面での均一化を管理し退色や変質をきめ細かくチェックします。

人と機械の二重チェック

目視ラインでは人の目で茎や微細なゴミなどをチェックした後、金属類は磁気により除去します。さらに自動包装機で一定量が自動的に窒素充填して袋詰めされた上で、最終的に高精度の金属探知機で検査をします。このように工場内においては、人と機械による二重のチェック体制が取られているのです。

PAGE TOP